ミュージシャンやミュージシャン・音楽ニュースなら!




MUSICAIANの歌詞を検索してGET!

好きなミュージシャンの知りたい歌詞を無料でゲットすることができます。 大好きなお気に入りのミュージシャンのヒットソングや隠れた名曲の歌詞はあるかな?
歌詞ゲットの検索窓に知りたいアーティストの名前や曲名、使われている番組を入れるだけです。

カラオケの練習や思い出せないフレーズを調べられる、音楽好きにはたまらない歌詞をゲットできるのでどんどん使い倒しちゃいましょう。

個人的にはアーティスト名前も知りたい曲名も、使われていた番組名も、何もかも出てこないときがありますけどね…(汗)

ドリカム ニューシングルがジャンプアップ!!

ドリカム(Dreams Come True)のニューシングルも絶好調でミュージシャンの自力でちゃってます。
ドリカムのシングルはタイトルを『大阪LOVER』。
ウィークリー ラジオ オンエア チャート先週19位から多くのミュージシャンをごぼう抜きしてなんと1位に輝く!

ドリカムの2007年第1弾シングルとなる今作は、ドリカムが人気ミュージシャンであることの証明、タイアップソング。
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの新アトラクション「ハリウッド・ドリーム・ザ・ライド」のための書き下ろし。

シングルタイトルの『大阪LOVER』で示すように、歌詞は大阪弁で語られ、貸しの世界観がよりリアルに聞き手に伝わってくる、ミュージシャン目線で語るなら、確信犯?といえる遠距離恋愛をする恋人同士には伝わらずにはいられない作品に仕上がっている。
さすが大物ミュージシャンドリカム!

アップテンポのメロディに直球の歌詞が乗って、これぞドリカムといえる春らしいラヴソングに仕上がっています。
ボーカルの吉田美和は、まるで日本のミュージシャンが英語の歌詞を歌うときにするように、大阪弁の正しい発音や表記の仕方などをとことんチェックしてボーカル録音を行ったという。

ドリカムのニューシングル『大阪LOVER』のカップリングは、ドリカムファンからの熱い要望に答えて英語詞アルバム『LOVE OVERFLOWS-ASIAN EDITION』に収録されている『THE FIRST DAY WITHOUT YOU』の日本語詞ヴァージョンが入っています。

今週のランキングでは、このドリカムの新曲は見事1位に輝きましたが、ほかのミュージシャンの新曲発表も続々控えています。
どこまでミュージシャンドリカムの『大阪LOVER』は1位をキープできるか注目です。

◎シングル『大阪LOVER』
2007.03.07 RELEASE
UPCH-80007 \1,100(tax in.)
ミュージシャン・音楽ニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | ドリカム ミュージシャンニュース

ドリカムの「未来予想図」が映画化

DREAMS COME TRUE(ドリカム)というミュージシャンといえば?
ドリカムの代名詞ともいえる名曲「未来予想図」「未来予想図II」が、いよいよ今秋映画化されます。
「未来予想図II」は、カラオケの、結婚式の定番ソングとしてすっかり定着していますし、ドリカムというミュージシャンをイメージ付ける名曲ですね。「未来予想図II」ミュージシャンドリカムの1989年リリースのアルバム『LOVE GOES ON…』収録されています。

そして「未来予想図」は、ドリカムの1991年リリースのアルバム『MILLION KISSES』に収録されています。

世代を超えて歌い継がれる「未来予想図II」「未来予想図」の2曲は、どちらもボーカルの吉田美和が高校時代に作った曲で、みなさんのにはすでにこの名曲の映像がそれぞれの思い出と重なってイメージできていることでしょう。
映画化されると聞いてみんながストーリーをイメージできるというところにこの曲の認知度の高さが伺えて、ミュージシャンとしては鼻高々だろうなあ、と思ってしまいます。

映画のでき次第ではほかのミュージシャンの曲で映画化される作品も増えそうな気配。

「未来予想図」の名フレーズ、ブレーキランプ5回点滅 ア・イ・シ・テ・ルのサイン♪
ドリカムのこの歌詞は、もはやこのミュージシャンのファンではなくとも誰もが知っているでしょうね。
映画化にあたり、見る側のイメージがすでに出来上がっているものを作るのは難しいだろうなあと思いつつ、ミュージシャンドリカムとともに注目しています。

映画では同じ大学に通うカップルの純愛を描く、主役の慶太とさやかはを中心に語られるストーリー。

主演女優は、女優でミュージシャンの松下奈緒。
恋人役の男性はなんと現在オーディション中とのこと。

映画版「未来予想図」は4月にクランクイン。
6月にはスペイン・バルセロナでのロケも行いクランクアップ。
主題歌はもちろん、「未来予想図II」と「未来予想図」
ドリカムの中村正人が音楽監修を務める。

“アイシテルのサイン”はやっぱり映画のポイントになるでしょう。
序盤にサイン出しちゃったりして、前評判が高くてこけるハリウッド映画のようにならないといいですね。
ミュージシャン・音楽ニュース | Comment(0) | TrackBack(1) | ドリカム ミュージシャンニュース